2007年10月03日

悲喜こもごも

 暑くもなく寒くもなく、良い季節になりましたね。とうとう冷房を切って、扉を開けました。空気の通りがあるのは、過ごしていて安心します。ただ、蚊も入ってきてしまうのですが。
 以前にも書いたのですが、花屋にいると、人々の色んなシーンにお付き合いすることになります。冠婚葬祭はもちろんですが、お花って、色んなシーンで活躍します。明日、私はお休みをいただいて、靖国神社で行われるお茶会に参加してきますが、1年で1番「詫びた」感が似合うこの季節、どんな茶花がかかっているか、とても楽しみにしています。確か3席掛かっているはず。それぞれの茶室で、亭主が心を砕いてかけた野の花が待っている。そういえば、仕事ばかりしていて、お茶会なんて久しぶりだなぁ。
 今日は、お客様が色々お話してくださる日でした。初恋の男性が58歳で亡くなってしまい、お花を買いに来てくださったおばさまは「60になったら、会おうって思ってたのよ。」とおっしゃいました。建築家で、絵画の見方などを学生の時に教えてくれた彼が、ずっと心にあったのだそうです。帰り際にもお顔を出してくださり、「とっても彼らしいお花をありがとう」と言って下さいました。その後に来店された女性は、クリスマスが終わってしまう直前に駅のホームで、彼から「白いカラーを抱えるほど」もらったことが、毎年クリスマスの時期になると思い出される、というお話をされていきました。「お花って、特別ですよね。」とおっしゃりながら、本日載せたカーネーション(ミネルバ)を3本、自分用に買われました。
 そういえば、おととい、「バラ100本」で、(多分)プロポーズした、あの男性は、素敵な1日を過ごされたんだろうなぁ。そんな場面にたくさん出くわす花屋は、いい職業だと思いますハートたち(複数ハート)
花の店 凛のページはbrog227.jpgこちらから



posted by Mew☆ at 20:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【 カーネーション 】について最新のブログの口コミをまとめると
Excerpt: カーネーションに関する最新ブログ、ユーチューブ、ネットショッピングからマッシュアップした口コミ情報を提供しています。
Weblog: プレサーチ
Tracked: 2007-10-03 21:11
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。